2019年01月04日

2018年のオススメの3冊を選んでみよう


Sketches 137
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します!
(クリックすると大きな画像になります)


さて、2018年も沢山の本に
楽しませてもらいました。
本読みとしては決して読んだ量は多い方では
ありませんが、その中でも

私が2018年に読んだ中で
「オススメしたいのはこの本だー!」
という3冊
を選んでみようと思います。

(あくまで「私が2018年に読んだ本」なので
 発売が2018年ではないであしからず)

---------------------------------

【コミック】(再読を含む)449冊内訳↓

( https://bookmeter.com/users/46965/summary/yearly) 

 ①彼方のアストラ(1~5巻・完結)
 篠原健太著・集英社ジャンプコミック

 

 これは正直、本当におススメです。
 SF、ミステリ、ジュブナイル、
 コメディ、異世界での冒険のワクワク感…
 本当に様々な要素が詰まっていながら
 5巻にきれいに収まっているすごさ…!
 私はメガネのザックが大好きです。
 アニメ化してほしい…!
 (その際は小ネタも含めて是非丁寧に…)

---------------------------------

 ②ワールドトリガー(1~19巻・続刊)
 葦原大介著・集英社ジャンプコミック

 

 ツイッターのフォロワーさんが
 「100話無料で読めるよ」と
 オススメしていたので、どれどれ…と読み始め
 まんまとハマり全巻買い(+設定資料集)しました。

 実は始めのうちは
 「あー…ジャンプにありがちなやつか…
 ていうか登場人物が多すぎて覚えられない…」と
 読むのやめようかと思ったのですが
 「遅効性SF」とキャッチコピーが
 ついているだけあって、途中から俄然面白くなるので
 ランク戦くらいまで読んでみて欲しいのです…!
 (大体の合うか合わないかの目安は
  4巻くらいまで読んでみると良いようです)

 物語開始当初の大規模侵攻で活躍していた
 名前の覚えられなかった人たちが
 ランク戦でいろんな戦術で戦い、
 かつそれぞれのチームの関係性が
 見えてきて群像劇が好きな人には
 たまらんと思います。
 ちなみに私は二宮隊推しです。

---------------------------------

 ③ミステリと言う勿れ(1~3巻・続刊)
 田村由美著・フラワーコミックスアルファ

 

 良質のミステリコミック。
 事件に巻き込まれた主人公の
 久能 整(くのう ととのう)君の語り口が
 優しいながらも的を得ていて
 気づくと入り込んでしまうんですよね…
 絵に癖があるので好みがわかれそうですが
 ミステリ好きには是非オススメしたいです。

---------------------------------

【次点】
Artiste
 料理人や創作する人々の成長物語。
 というか人間模様というか。
 絵も表情も良いのですが何より
 それぞれの生き様、姿勢みたいなものが良いです。

吸血鬼すぐ死ぬ
 チャンピオンコミックのギャグマンガです。
 下ネタも多いのですが、アルマジロのジョンが
 とにかく癒される…というか
 登場人物がみんな好き…アホなんですが
 誰も傷つかない優しい世界なので
 心が疲れた時に何度も読んでます。

あそびあそばせ
 コメディーマンガ。
 表紙の可愛さと内容のアホさのギャップがすごい。
 特に花子のアホさが振り切れていて
 すごい好きです。
 
ヘテロゲニア リンギスティコ
 異種族言語学入門。異種族の言語を学ぶ学者さんの
 研究旅行譚ですが、世界観がしっかりしていて
 面白いです。「ダンジョン飯」が好きな人は
 好きだと思うので是非。

青野くんに触りたいから死にたい
 ホラー…なのか恋愛なのか…
 「純愛と狂気の背中合わせ」とか
 だけでは言い表せない…
 読み進めてそれぞれの背景がわかってくると
 違う意味で怖い。とにかく色んな意味ですごくて
 読むと精神力を持っていかれる良作。
 ただ、好みがわかれそうなので次点です。


---------------------------------
---------------------------------


【小説】 126冊内訳↓
https://bookmeter.com/users/400401/summary/yearly

 ①小説の神様
 (相沢沙呼著・講談社タイガ文庫
  ISBN:9784062940344)

 

 書店を辞めて「これでブログや
 創作活動もできるな~」と思う反面
 「どうして知らん人に文句言われてまで
 創作しなきゃいけないんだ…
 もういいか…私は創る側ではなく
 消費する側が向いている、ブログも閉めよう」
 と思っていた時に読んで、ものすごく
 「創る」事に対しての勇気をもらった一冊。

 「小説」を書く人、読む人。
 本が売れない時代に「小説家」になること
 「小説家」でい続ける事
 物語を造り続ける事の
 楽しさ、すごさ、そして苦しさ、辛さが
 描かれています。

 主人公がものすごいネガティブなので
 しんどいところもあるんですが
 小説書いたりマンガ描いたり
 特に「創作」する人にオススメです。

---------------------------------

 ②秋の牢獄
 (恒川光太郎著・角川ホラー文庫
  ISBN:9784043892037)

 

 お恥ずかしながら、恒川さんは「夜市」が
 好みだったものの「角川ホラー文庫作家」
 という認識だったのでホラーが苦手な私は
 避けて通っていたのですが
 拍手をくださった方がオススメして下さって
 読んだみたら本当に面白くて…

 この本だけでなく、比較的どの本も
 怖いといっても美しい怖さ
 少し寂しく、少し不思議な物語で
 全作品制覇すべく次々読んでいっています。


---------------------------------

 ③雲上雲下
 (朝井まかて著・徳間書店
  ISBN:9784198645595)

 

 最初は「訛りありの昔話形式なのか…
 ちょっと読みにくいかも…」
 と思っていたのですが
 読むほどに引き込まれ、気づいたら
 号泣していました…

 なんだか物語は人に忘れられ
 そして人は物語に見捨てられる気がして
 無性に悲しくて涙が止まりませんでした…
 昔話を聞いて育った人にはオススメの
 「物語」というものの面白さを
 思い出させてくれる、大人のための童話。

---------------------------------
【次点】
隣のずこずこ
 これは猫目堂店長がオススメしていたので割愛
 →http://pot-au-feu.blog.jp/archives/28721060.html


マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ
 同じく猫目堂店長にバトンタッチ
 →http://pot-au-feu.blog.jp/archives/29267490.html


ツバキ文具店
 最初は「代書…というか文面までお任せするの!?
 そういうのは想いを込めて自分で書くから良いのでは…」と
 思っていたのですが読み進めるうちに、
 じんわりいい話だな…と思い
 読み終わる頃にはほんわか、お腹から温まって
 幸せな気持ちになれる素敵なお話でした…

---------------------------------

というわけで私のオススメでした!
日々面白本を探しているので
良かったら、皆さんの「2018年ベスト3」
教えてくださいね~


【web拍手】
  webclap

 *web拍手とは?
 匿名で管理人に
 応援の意思を送れるボタンです。
 メッセージも送れますので、
 お気軽にお使い下さい。
 

【Instagram】





【Ranking】

ban2 ban1
-----------------------------------------------


about-icon home-icon mail-iconface-icon
book-icon inst-icon twi-icon

2018年09月10日

ミステリィをやんわり並べてみよう


先日、Twitterで

この作家が好きな人はこの作家も好きそう。というリスト

というのを作っている方がおられまして
面白かったので、
私も一冊以上読んだ事のある作家さんを
やんわり分類したのを作ってみました。
「お、こういう系だと
 この作家さんもそうなのか読んでみよう!」など
選書の際に、少しのお手伝いとなれたら
幸いでございます。


【ポイント】

●私は他ジャンルと混ぜて作風などで分けるほど
 自分の読解力と勘に自信がないので…
 一番好きで一番数を読んでいるミステリーを
 大体のカテゴリと系統で分けてみました。
 異論反論あるかと思います。
 むしろ「この作家さんこっちじゃない?」とか
 「この作家さんは?」とか
 ご意見お待ちしています!

●同じ作家さんが書いている他ジャンル
 (ファンタジー、時代小説)は除きます。

●中心線に近づくほど
 「人気がある・万人受けしやすい・読みやすい」
 感じになっています。
 なので映像化の常連も中心線に寄ってますね… 

●他にもオススメの作家さんがいたら
 是非教えてください。

-----------------------------------------------------

book-m

-----------------------------------------------------

ミステリー以外の作家さんのも
少し作ってみたんですが
これがホント難しいんですよね…
時代小説は私が最近の作家さんばかりで
大御所系をあまり読んでないですし
ファンタジーは最近はライトノベルとの境目が
非常にあいまいなので…

ちなみに私はどのゾーンが好き、というより
「ふぅ…骨太重いミステリだったぜ…
次は日常の謎系で軽やか気分になろう」
というに風に読むので
「どれも好き」になりますね…
イメージとしては
「沢山のシェフが、工夫を凝らした、
どれもそれぞれにおいしい料理が並んでいる!
今日は何食べる?」という感じです。

日中は「夏なの?!」みたいな日もありますが
朝晩はだいぶん少し過ごしやすくなってきました。
秋と言えば読書の秋…!
私も読書脳が冴えわたりモリモリ読んでおります。
皆様も是非、読書の秋をご堪能くださいませ~







【web拍手コメントへのお返事】
(全てにお返事できなくて恐縮です…
 全部読んでいますし
 本当に励みになっています。
 ありがとうございます!)

 私が大泉洋さんを大好きなせいか
 「道民です」という方からコメントを
 頂くことが多いのですが、
 地震の被害は大丈夫だったでしょうか…

 今回の北海道の地震、そして
 関西の台風被害で不便な生活を
 されている皆様に
 心よりお見舞い申し上げます。
 一日も早くいつもの生活に戻れますように…


>台風大変でしたね
本当ですね…今年は特に多い上に
被害も大きい気がします…
うちの猫たちは気が小さい割に
こういう時はのんきにしていて
不思議です…


>道民です
お怪我がなくてなによりです…!
そうか、電気止まっちゃうと冷凍庫が…
なんでも「開けない」のが
一番保冷が長続きするようですが…
そうも言ってられないですしね…
停電は復旧したようですが
朝晩だいぶ気温が下がるようになってきました。
お体の調子、崩されませんように…


>元気そうで良かった
ありがとうございます~
おかげ様でのんびりまったり
猫をモフモフして過ごしています!

「私も同じような状態になった」
という方が多くて…
私自身周りから言われたのですが
「仕事は選べるけど
あなたはあなたしかいない」
自分を労われない人は
他人も労われないそうです。
皆様もご無理なさらず…!


>癒されます…
ありがとうございます~
とにかくまったりゆる~い
ブログですゆえ、嬉しいです!
まったりとご覧くださいませ~




【web拍手】
  webclap

 *web拍手とは?
 匿名で管理人に
 応援の意思を送れるボタンです。
 メッセージも送れますので、
 お気軽にお使い下さい。
 

【Instagram】





【Ranking】

ban2 ban1
-----------------------------------------------


about-icon home-icon mail-iconface-icon
book-icon inst-icon twi-icon

2016年04月24日

今月のオススメ本(2016年1月・2月・3月)

web拍手で月替わりで「今月のオススメ本」というのを
ひっそりやっております。

ちょうどその月に読んで面白かったものから
昔、読んで是非オススメしたい本などを
紹介しています。 

 web拍手とは?

 匿名で管理人に拍手で応援の意思を送れるボタンです。
 (いつもの記事の下にあるコレ→icon_02_9です)
 メッセージも送れますので、名乗るほどのもんじゃねぇ…
 だがちょっと一言メッセージでも送ってみるかな…
 という時にでもお気軽にお使い下さい。 

------------------------------------------------------------------ 
【2016年1月】 「異世界食堂」(犬塚惇平:ヒーロー文庫)

201601


【ちょっとしたオススメの理由】

オフィス街の片隅にあるごく普通の食堂「ねこや」。
その「ねこや」は毎週土曜日の店休日、
“特別な客"で溢れ返るのだ。

最近多い、異世界で○○やってみた系の
グルメものなのですが
一話一話が非常に短いので気軽に読めますし
他の話に出てきた登場人物が
少し関わってきたりすることで読み進めると深みが出ます。
何より、食事の描写がとてもおいしそう…!
ファンタジーにはお馴染みの多種多様な種族も楽しく
寝る前に一話ずつ読むのを楽しみにしてたのですが
飯テロ以外のなにものでもないので
夜中に読むのは危険です…! 


 ------------------------------------------------------------------ 
【2016年2月】 「友罪」(薬丸岳:集英社文庫)

201602


【ちょっとしたオススメの理由】

最近親しくなった会社の同僚が
過去に重大犯罪を犯した犯人だったとわかったら…

ましてや、その事件が世間を震撼させた
猟奇殺人事件だったら…あなたはどうしますか?
いまや、そういうことが起こっても不思議ではないのです。

薬丸さんの作品は単純に犯罪小説というより
「罪は法律で裁けるのか、そして償うことができるのか」
「罪が赦されるとはどういうことか」
更に犯罪者自身だけでなく、その被害者、加害者に
その人たちの家族などにも焦点をあてた作品が多く、
一気に読ませる面白さと同時に
非常に考えさせられるテーマの作品が多いので
お気に召したら他の作品も是非読んでみてください。

ミステリ好きならドラマ化もされ連作短編集で読みやすい
「刑事のまなざし」あたりからがオススメです。


 ------------------------------------------------------------------ 
【2016年3月】  「まるまるの毬」(西條奈加:講談社)

 201603

【ちょっとしたオススメの理由】

江戸は麹町の菓子舗「南星屋」。
今日も繁盛する南星屋では主人、治兵衛が自ら
歩いて覚えた日本全国の銘菓が工夫を凝らして
庶民でも求めやすい値段で商われています。

時代小説ですが和菓子屋さんの話なので
読みやすく、親しみやすいですし
和菓子の造形や作り方の描写が
丁寧なのでなんともおいしそう…!

それ以外にも兄弟の絆
主人公の治兵衛と弟の石海(五郎)も描かれていて
日本茶と和菓子と一緒に読みたい
春を待つこの時期にぴったりの心温まるお話です。
 

今月のオススメ本(2015年10月・11月12月)

web拍手で月替わりで「今月のオススメ本」というのを
ひっそりやっております。

ちょうどその月に読んで面白かったものから
昔、読んで是非オススメしたい本などを
紹介しています。 

 web拍手とは?

 匿名で管理人に拍手で応援の意思を送れるボタンです。
 (いつもの記事の下にあるコレ→icon_02_9です)
 メッセージも送れますので、名乗るほどのもんじゃねぇ…
 だがちょっと一言メッセージでも送ってみるかな…
 という時にでもお気軽にお使い下さい。 


------------------------------------------------------------------ 
【2015年10月】 「百年法」(山田宗樹:角川文庫)

2015010


【ちょっとしたオススメの理由】

人が死ななくなった世界。
不老化処置によって半永久的に生きられるようになり
そのことによって起きる就職難、経済の停滞…
「死なない」という事実がもたらす精神への負担。

命のありかたと国家のゆくえという重いテーマですが
ハラハラドキドキさせる展開のうまさに引き込まれて
一気に読んでしまいました。
秋は気候も落ち着いて本当に読書にぴったりなので
上下巻とちょっと多めですが是非、一気に読んで頂きたい面白さです。


 ------------------------------------------------------------------ 
【2015年11月】 「聴き屋の芸術学部祭」(市井豊:創元推理文庫)

2015011

【ちょっとしたオススメの理由】

アンソロジーなどで見かけて「この作家さん気になるな~」と思っていた
作家さんのデビュー作です。
人の話を聴くのが上手な柏木君は言うなれば「愚痴られ体質」。
彼の元には友達から他人まで、話を聴いてもらいに人が集まるので
「聴き屋」と呼ばれています。

文章自体が飄々としていてついクスッと笑ってしまうし
会話も軽快。登場人物たちが皆、個性的で楽しいのです。
殺人事件も起きてるので日常の謎、ではないのですが
楽しく読めるライトミステリです。
(続編、人魚と金魚鉢も発売中です。お気に召したら是非)


 ------------------------------------------------------------------ 
【2015年12月】 「にょっ記」(穂村弘:文春文庫)

2015012


【ちょっとしたオススメの理由】

歌人である穂村さんのくすくす笑える、うそ日記です。

師走というと何かと忙しくて疲れてしまうと思うのですが
たまには少しゆっくりと、寝る前にでも
こういうゆる~くてとぼけた本で笑って
力を抜いて頑張りたいものですね…

お気に召したら、うそ日記繋がりで
乙一さんの「小生日記(幻冬舎文庫)」なんかも
ちょっとシュールですがとぼけていてオススメです。