2016年04月20日

真田丸・十三話 「決戦」


sanada13-1

その時、みんながどんな気持ちだったか
想像してみよう、の巻。

他に泣くところはあるだろうに、
昌幸パパンがドーンて出てきた時にかっこよすぎて泣きましたし
信幸兄が戸石城から勇ましくも馬に乗り甲冑を着た
大泉さんを見て
「トップガンになる」とか言っていた男が
こんなにも立派になって…と感動して泣きました。

怖かったのは、何ていうか
「誰もいない村で三途の川の渡し賃である六文銭を
お守りにしているこども」っていうのは何かの隠喩なのかなぁ…と…
それに、この子、梅ちゃんとしか会ってないんですよね…


    • Edit

トラックバックは許可されていません。

コメントは許可されていません。